2013年6月25日火曜日

江戸東京たてもの園、旧自証院霊屋

東京都指定有形文化財、旧自証院霊屋

1652年(慶安5)、江戸時代に新宿区市ヶ谷富久町、自證院境内に建てられた旧自証院霊屋は、江戸幕府3代将軍徳川家光の側室。千代姫(尾張藩主徳川光友正室)の生母「お振りの方」を祀った霊廟で建設には江戸城や日光東照宮の建築に携わった江戸幕府作事方大棟梁・甲良豊前守宗清が建設にあたり、現在は東京都小金井市の江戸東京たてもの園に移築されています。

東京都指定有形文化財、旧自証院霊屋のHDR写真

江戸東京たてもの園の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿