2013年6月27日木曜日

江戸東京たてもの園、村上精華堂

1928年(昭和3)台東区池之端二丁目の不忍通りに面して建っていた
小間物屋(化粧品屋)村上精華堂は、昭和前期には化粧用のクリーム・椿油や香水等を作って
卸売りや小売りを行ってました。

現在は、江戸東京たてもの園に移築されており、正面は人造石洗い出しで、
イオニア式の柱を持ち、当時としてはとてもモダンな造りとなっています。
店内には時の経過を感じられる台帳やそろばんや黒電話が置かれております。

江戸東京たてもの園、村上精華堂

江戸東京たてもの園、村上精華堂、店内

江戸東京たてもの園、村上精華堂、店内

江戸東京たてもの園の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿