2013年6月24日月曜日

江戸東京たてもの園、武蔵野うどん屋「蔵」

武蔵野の伝統の味、武蔵野うどん屋「蔵」

たべもの処 蔵は江戸東京たてもの園内、東ゾーン(子宝湯、鍵屋)側にあり、
1階は無料休憩所、2階が店舗になっており小金井市商工会事業委員会が運営しております。
蔵で食べられる「武蔵野うどん」とは多摩地域では浸水量が降雨量を上回るのが通常であり、水田を使用する米より良質な小麦の生産が盛んであったことから、うどんが多く食べられており、各家庭でうどんを打つ習慣がありました。「手打ちうどん」とも呼ばれるコシの強い麺で「糧(かて)」と主に茹で野菜が付く郷土料理です。

武蔵野うどん屋「蔵」のHDR写真

江戸東京たてもの園、蔵作りの食事処のHDR写真

江戸東京たてもの園の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿