2013年6月28日金曜日

江戸東京たてもの園、デ・ラランデ邸

江戸東京たてもの園、デ・ラランデ邸(武蔵野茶房、江戸東京たてもの園店)

2013年4月20日から江戸東京たてもの園で一般公開された、デ・ラランデ邸は、
新宿区信濃町に建立され、元は平屋建ての洋館でしたが、
1910年(明治43)年ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより3階建てとして
大規模に増築されました。その後、何回か所有者が変わりましたが、
1956年(昭和31)から、三島海雲氏がこの住宅に住んでいました、
1999年(平成11)まで新宿区信濃町に建っていました。

外観はスレート葺きのマンサード屋根(腰折れ屋根)と、
下見板張りの外壁が特徴の西洋風住宅で、
邸内にカフェ「武蔵野茶房」が入っており、テラス席では園内の木々や建造物を眺めながら、
おいしいコーヒーや紅茶、ケーキを楽しむことができます。

デ・ラランデ邸(武蔵野茶房、江戸東京たてもの園店)

デ・ラランデ邸(武蔵野茶房、江戸東京たてもの園店)

江戸東京たてもの園の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿