2013年6月27日木曜日

江戸東京たてもの園、常盤台写真場

江戸東京たてもの園、常盤台写真場

1937年(昭和12)板橋区常盤台一丁目に建てられた常盤台写真場は、
木造2階建てで、外壁をリシン仕上げとしている、
全体的に左右非対称の構成で、交差点に面した角の部分を塔状に高くしている。
このように、軒の水平線と角部の垂直線の対比を強調するデザインは
昭和戦前の都市建築に流行した物とのことです。

江戸東京たてもの園、常盤台写真場

ノスタルジックな常盤台写真場館内の写真

照明設備が発達していない当時、最も安定した照度を得るために、 2階写場の大きな窓には北側から光を採ることができるように摺りガラスがはめこまれています。

江戸東京たてもの園、常盤台写真場館内

江戸東京たてもの園、常盤台写真場館内

江戸東京たてもの園、常盤台写真場館内

江戸東京たてもの園の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿