2013年6月24日月曜日

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)

昭和初期、千代田区神田神保町三丁目に建てられた、
ほうき・ちり取り・ざるなど、簡単なつくりの家庭用品を販売する荒物屋です。
外装は小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、
建物の正面を飾っているのが特徴で、店内は昭和10年代の様子を再現しています。
裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)

荒物屋裏手に続く長屋とノスタルジックな路地裏

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)

丸二商店(荒物屋)の店内

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)の店内

江戸東京たてもの園、丸二商店(荒物屋)の店内

江戸東京たてもの園の記事


0 件のコメント:

コメントを投稿