2013年9月11日水曜日

踊れ西八夏まつり、弐穂連の写真 2013

2013年9月7日(土)・8日(日)に東京都八王子市、
JR中央線西八王子駅北口、及び仲通りで行われた、
第12回 踊れ西八夏まつり、阿波踊りの参加連、弐穂連の写真です。

写真 : 弐穂連、男踊り 2013年9月7日 撮影

弐穂連のHPでこの写真と同じ姿勢を練習している姿を拝見しました。
きっと何度も練習した姿勢なのでしょうね、修練の成果と気合が入った表情が写せて満足です。

踊れ西八夏まつり、弐穂連の提灯を使った男踊り

弐穂連について

2000年に発足された、弐穂連は花柳流の花柳流教授師範、
花柳和幸穂さんが指導、及び連長を務め阿波踊りの本来の追及と探求を目的とし、
連名の由来は、花柳和幸穂さんの名から穂の字を頂き、
阿波踊りを踊る方・観る方の両者(弐者)が楽しむという思いをこめて、
弐穂連と名づけられたそうです。

第12回 踊れ西八夏まつり駅前会場で撮影した弐穂連の写真

弐穂連の高張提灯

弐穂連の高張提灯は、二つの提灯の上に花柳流の紋と
弐穂連の活動拠点でもある小金井市のマークにも少し似た
左右の稲穂が円を描くデザインの弐穂連の紋がついている。

踊れ西八夏まつり、弐穂連の高張提灯の持ち手

女踊り

隊列の中には、子供も一緒に踊っていたが、
お姉さん達に混ざっていても違和感を感じず上手に踊っていた。

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の子供の女踊り

男踊り

男踊りの先頭は女性の軽快な扇子踊りでした、
その後に続く提灯踊りは、染め職人による藍染の手ぬぐいを顔に巻き、
躍動感溢れる動きで粋に踊っていた。

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女性による扇子踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女性の男踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女性の男踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の女性の男踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の提灯を使った男踊り

西八仲通り、東会場にて撮影

踊れ西八夏まつり、弐穂連の西八仲通り、東会場の写真

西八仲通り、西会場で撮影した総踊り

皆さん疲れも見せず最後まで笑顔で踊っていて凄いと思いました、
また、花みのりの方々を近くで見れて楽しかったです。

踊れ西八夏まつり、弐穂連の総踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の総踊り

踊れ西八夏まつり、弐穂連の花みのりの振り売り

阿波踊りの記事


2013年 踊れ西八夏まつり参加連の記事

0 件のコメント:

コメントを投稿