2016年3月15日火曜日

寶船 劇場公演「キセキxキセキ」の撮影スタッフをした感想

2016.3.12 創作舞踊集団 寶船 座・高円寺2劇場公演、「キセキxキセキ」の撮影スタッフ(スチール担当)してきた

劇場、座・高円寺2で撮影した照明と舞台

2014年のせんがわ劇場にて行われた舞台公演「 純粋な意図2014 」に引き続き、今回も撮影スタッフとして参加してきました。

なんと言っても今回の劇場は座・高円寺2!2014年のエコアニバーサリーイベント江戸っ子連さんと東京天水連さんが踊った時以来の撮影になります、そして今度は撮影スタッフなので撮影場所がある程度融通が利きカメラのセッティングや劇場のデータ取るにはかなりの好条件で嬉しかった。

今回の撮影感じたことはNikonD810と70-200mm f/2.8Gの頼もしさでした、1時間半の1回の公演でもしっかりと寶船の激しい阿波踊りと感情的な表情を逃すことなく写してくれ道具の重要性を再認識させられました。

阿波踊りの鉦を鳴らす寶船

阿波踊りの竹の和楽器を叩く男性

他には現実的ではないけど機材はカメラ3台欲しい気分だった、サブのレンズに標準の24-70mmつけてもぼけが甘いので単焦点しかないなと考え、50mmか広角か最後まで迷いました、

50mmのぼけ味に後ろ髪を引かれながら結局広角を選び撮ったけど、あおってドラマティックに撮るには前に少し踏み込んで寄らなければならず、迷惑になる場所ではないと思ったけど一応寄るのは一回だけにしてあとは全体を撮るために使用した。

寶船の阿波踊りの舞台公演

阿波踊りの鳴り物、大胴と締め太鼓と鳴り物を奏でるプロの集団

今回の舞台公演「キセキxキセキ」では経験豊富なスタッフと知り合えた上、新メンバーを加え走り続ける創作舞踊集団 寶船の新たな魅力を感じました、そしてやっぱり劇場公演は特別なものがありますね!是非一度興味がある方はその何かを直に感じてみて欲しいと感じました。

最後に寶船さん今回も誘って下さりありがとうございます、そしてスタッフの皆様お疲れ様でした、何かございましたらお気軽にお声掛け下さい。

阿波踊りの鉦を激しく叩く女性

阿波踊りの締め太鼓を叩く寶船の男性

和楽器を激しく鳴らしている写真

創作舞踊集団 寶船 集合写真

追伸:公演中、香港を拠点に活動しているお笑い芸人のムコアンジーが表れコントしてたw
詳しくは「香港メディアで活躍中のお笑いコンビ「ムコアンジー(木哥杏子)」に会った」の記事参照

楽屋で自我撮りしているお笑い芸人ムコアンジーと寶船

関連記事


創作舞踊集団 寶船 2016年 単独公演 『キセキ×キセキ』

日時: 2016/03/12(土)
会場: 座・高円寺2
住所: 杉並区高円寺北2-1-2
公式: 創作舞踊集団 寶船
カテゴリ: 阿波踊り(創作演舞)
出演: 寶船(TAKARABUNE)
料金:
一般 4,000円
学生&子ども 2,000円(学生証提示)
ペア&グループ割引 2〜4名→お1人様3,500円
団体割引 5名以上 →お1人様3,000円

創作舞踊集団 寶船
HP : http://takarabune.org/
FB : https://www.facebook.com/Takarabune.official
Twitter : @Takarabune_info
阿波踊りを主軸に、新たな日本のエンターテインメントを創造する阿波踊り集団。
参考文献 : TAKARABUNE 公式HP 団体について

0 件のコメント:

コメントを投稿