2016年3月23日水曜日

Mitaka City Arts Center │ Japan Mitaka City

東京都三鷹市にある様々なジャンルの芸術を観て、聴いて、感じて、参加出来る文化施設、三鷹市芸術文化センターに行ってきた


連雀通りから見た三鷹市芸術文化センターの写真
連雀通りから見た正面入り口外観


三鷹市芸術文化センターは外観も美しく周辺が住宅街なせいか一際目立つ存在感があり
二つの棟の間にある階段を見ると「この階段を降りたら何があるのだろう」と思う立体的な作りの文化施設だった。

試しに階段を下りてみるとフェスティバルスペースという吹き抜けの空間になっており、オブジェとして中村錦平(陶芸家)さんの作品が飾られ日常と異なった雰囲気を感じる通路となっていた。

館内の座席数250席ある星のホールでは今回「秋華会 日本の心 民謡 35周年記念発表会」が行われ民謡、演歌、三味線、阿波おどりetcが披露されていた。

ホール内で三味線を演奏しているところや演歌を歌っているところを撮影してみると照明も背景も美しく、反響する楽器や歌声がとても素敵だった。

施設名構図内に入れた三鷹市芸術文化センターの写真
施設名構図内に入れた三鷹市芸術文化センターの写真

三鷹市芸術文化センター公演告知のポスターを貼るお洒落な掲示板
公演告知のポスターを貼るお洒落な掲示板

三鷹市芸術文化センターフェスティバルスペースにある中村錦平(陶芸家)さんのオブジェ
フェスティバルスペースにある中村錦平(陶芸家)さんのオブジェ

星のホールで行われていた秋華会 日本の心 民謡 35周年記念発表会

秋華会 日本の心 民謡 35周年記念発表会の看板の写真
秋華会 日本の心 民謡 三十五周年記念発表会の看板

舞台で三味線を弾く女性達の写真
秋華会、女性の三味線奏者

舞台で三味線を弾く男性の写真
秋華会、男性の三味線奏者
秋華会 日本の心 民謡 35周年記念発表会の歌った演歌歌手

写真は吊るし看板「秋華会民謡発表」を構図内に取り入れ、35周年記念発表会の写真だと時がたってもすぐわかるように意識して撮影してみた。

秋華会民謡発表会で歌をうたった着物を着た男性の写真
秋華会民謡発表で歌をうたう男性

演歌歌手の男性を正面から撮影した写真
真正面から撮影した演歌歌手の男性の写真

広角で照明入れて立体感を出し舞台でうたう演歌歌手を撮った写真
広角で照明入れて立体感を出し舞台の様子を切り撮った写真

演歌歌手の女性の写真
全体を写した写真、垂直水平が甘いBLGO用の写真

こぶしを利かせてうたう演歌歌手(初代、新津秋華さん)の写真
あおりぎみで撮影した演歌歌手の写真

こぶしを利かせてうたう演歌歌手(初代、新津秋華さん)の写真
上のカットとどちらを使うか迷ったので両方載せてみました

こぶしを利かせてうたう演歌歌手(初代、新津秋華さん)のベストショット
演歌ならではの表現、「こぶし」をテーマに撮った写真

贈呈品

新津 秋華様などより送られた着物の贈呈品
ロビーには贈呈品の着物と帯が置いてありました素敵です

可愛らしいフラワーギフトも沢山届いておりました

出演者に送られた祝い花の写真

出演者に送られた祝い花の写真

出演者に送られた祝い花の写真

出演者に送られたスタンド花の写真

施設名: 三鷹市芸術文化センター
ジャンル: 芸術文化センター
営業時間: 9:00~22:00(施設予約、チケット・友の会の受付は10:00~19:00)
休館日: 月曜日、年末年始(12月29日~1月4日)
※月曜日が休日の場合は開館し、その翌日と翌々日休館
電話番号: 0422-47-9100
住所: 〒181-0012 東京都三鷹市上連雀6丁目12−14
URL: http://mitaka.jpn.org/geibun/

0 件のコメント:

コメントを投稿