2013年6月25日火曜日

早朝の高架線のHDR写真

早朝のJR中央線、高架線の写真

JR中央線は「開かずの踏切」による街の分断と交通渋滞を解消するために、1996年(平成8年)から連続立体交差事業を開始し、三鷹駅~国分寺駅間、国立駅~立川駅間で路線を高架線へと徐々に切り替えました。
まだ、ガードフェンスが立っており整備しているようですが、全てが完成しガードフェンスが外された後、高架下をいかに利用するのか楽しみです。

早朝のJR中央線、高架線のHDR写真

0 件のコメント:

コメントを投稿